くらしとお金

最長1週間の献立が簡単に作れるme:new(ミーニュー) アプリ使った感想

毎日の晩ご飯メニュー。考えるの面倒だしマンネリ化しますよね。そんな中便利なアプリを知りました。1週間の献立をたててくれるアプリのme:new(ミーニュー)です。

こんな人に読んで欲しい

*毎晩の献立を考えるのに悩んでいるお母さん

*副菜のレパートリーを増やしたい方

*夕食の材料の買い出しを効率よくしたい方

me:new(ミーニュー)アプリとは?

me:new (ミーニュー)アプリは、好みにあわせた献立を最長1週間分提案してくれるアプリです。

こちらのアプリは無料で使えす。

最長1週間分のメニューを提案してくれるのですが、とある1日の献立はこんな感じです。

カロリー計算・食塩・調理時間も出してくれます。

提案のメニューが好みではない場合は、自分で入れ替えることができます。

まち

献立を自動で立ててもらい、家族の好みのメニューでない場合は入れ替えたり、追加でもう1品選んだりしています!

me:new(ミーニュー)アプリでできること

最初にアレルギーの食品や嫌いなものを登録しておくことができるので便利。

あとは家に余っている食材がある場合は、検索窓にその食材を入れるとその食材を使った献立がいくつか出来てて選ぶことができます。

例えば白菜が冷蔵庫にあるので、『白菜』と入れるとさまざまなレシピを提案してくれます。

自分で考えると、いつも同じメニューになってしまうので新しいものにチャレンジできるのがいいです。

この中で家族のお好みのメニューを選び、献立に組み入れることができます。

まち

この機能がすごく便利です!

あとは、1週間分の献立を決めたら『買い物リスト』を作成してくれます。

人数を選ぶことができるので多く買いすぎることもありません。

またメモ機能もあるので、追加で買いたいものはそこに入れることができます。

買い物機能は、カテゴリーごとに分けてでてきます。

まち

この材料何に使うんだっけ?

となっても右側のレシピボタンを押すとメニューが出てくるので一目瞭然です!

↓こんな感じで表示してくれます。

買い物リストにチエックマークをつけることが出来るので、買い忘れをする心配がありません。(あらかじめ家にあるものにはチエックをいれておいて買い物にいきます)

まち

調味料まで全てリストアップしてくれます!

我が家のme:new(ミーニュー)アプリ活用法

我が家のミーニュ―の使い方ですが、ある程度組んでくれたメニュー通りで献立をたて家族の中でそのメニューが苦手な人がいる場合は、追加でもう1品作ったりしています。(特に長男は好き嫌いが多いので・・・)

まち

献立を考えるとき、メンイのおかずは結構浮かびますが副菜のメニューまで考えるのってなかなか大変ですよね!

ミーニュ―アプリを使うと副菜や汁物の1週間のメニューを提案してくれ、入れ替えもできるので食卓がワンパターンメニューにならないのが嬉しいです。1週間の献立が決まっているので、前日に時間があれば前もって作り置きをしておいたり、野菜をまとめて切って下ごしらえしておくことができるで家事の段取りがよくなりました。

余った材料がある場合は検索機能が使えるので、それで一品副菜を作って置いたりできるのもとても便利です。

献立をたてていないと、ついつい焼き料理が多くなりがちですが献立をたてておくと煮物や一品が増えて食卓が豊かになります。

また、今まで挑戦したことないメニューにもトライしたくなります。

ミーニューアプリの提案で初めて作った『アクアパッツァ』

まち

思っていたより簡単に出来て家族にも好評でした♪

『切り干し大根とさつま揚げの煮物』

『いかと里芋の煮物』

まち

副菜は息子のお弁当にも使っています♪

me:new(ミーニュー) のメリットとデメリット

メリット

*献立を1から考える必要がない

*メニューのレパートリーが広がる

*買い物リストで忘れ買いなし

デメリット

*メニュー数がやや少ない

*特売情報↓のは現在使えない(メンテナンス中・再開未定となっていています)

まとめ

今回me:new(ミーニュー)を使ってみて、夕食づくりが楽しくなりました。作り置きがあると心の余裕ができますね。

食事ってほんとうに大切だし人生の中で楽しみな時間なので、これからも家族が健康でいられるような食事をつくっていきたいと思っています。

まち

あまり頑張りすぎると疲れるので、段取り良く手抜きもいれながらやっています♪

お料理以外にも家計簿アプリや資産管理アプリなど、まだまだ使ったことのない便利アプリがたくさんあるのでこれから試していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA